スポンサードリンク

ティーツリー

ティーツリー(Tea-tree)はデオドラント効果の高いハーブとして知られています。ティーツリーはオーストラリア原産の高木で、樹高7メートル程度にまで生育します。ティーツリーの品種は数多くあり、その中でとくに評価されているのがメラレウカ・アルテルニフォリア“Melaleuca alternifolia”という品種です。



オーストラリアの先住民であるアボリジニの人々は、傷口にティーツリーの葉を巻くなど消毒薬として活用してきました。しかもティーツリーは、優れた殺菌・抗真菌作用をもつにも関わらず、皮膚や粘膜に対して刺激が少ないという特性も合わせ持っています。



ティーツリーの特徴的な有効成分はTerpinen-4-ol(テルピネン-4-オール)、「1・8−シネオール」などです。テルピネン-4-オールは成分の3割〜4割を占め、殺菌・抗真菌作用、消炎作用などを発揮することで消臭効果があります。「1・8−シネオール」は体への刺激成分となるため、精油製品では含有量が少ないほど好ましいとされています。



ティーツリーの抗菌効果の主成分といえるテルピネン4オールは炭素原子10個のモノテルペノイド炭素鎖と1つの水酸基(−OH)を持つ構造のモノテルペノールと呼ばれる分子構造をもっています。



1995年に学術誌Journal of applied bacteriology に発表されたCarson C F氏とRiley T V氏の研究では、テルピネン4オールは大腸菌、黄色ブドウ球菌、カンジダ菌、そして緑膿菌に対して活性を示す成分、つまり、殺菌作用があると報告されています。



ティーツリーでデオドラント効果を得る使い方の一つとしては、洗濯の際に洗剤と一緒に5滴ほど洗濯機に落として使用するのがおススメです。ただし、ティーツリーは樹脂を溶かす可能性があるようですから、洗濯機の樹脂部分に付着したらきれいに洗い流す必要があるようです。



足の臭いが気になる人には、足浴、フットバスでの使用が効果的です。ティーツリーをフットバスや洗面器などに数滴入れてよくかき混ぜての足浴で、足の臭いのデオドラントやタコそして水虫の予防にもなります。



水虫で悩んでいる人には、湯上りにティーツリーの原液を綿棒にとり、水虫の患部に直接塗ります。早ければ、2週間ほどで効果があらわれます。



そのほかにも、水ぶき掃除の際にバケツに2〜3滴落として使うと、部屋のデオドラントとなり、部屋を清潔にすると同時に、いやな匂いを取り去ってくれます。



ティーツリーは、デオドラント以外にも、その優れた作用により、すり傷などの傷口の殺菌のほか、にきび対策、口内炎、歯肉炎対策への利用、水虫の治療やアタマジラミの駆除にも利用されます。



ティーツリーオイルには、弱い麻酔効果と痛みや痒みに対して即効性があることから、蚊やブヨなどによる虫さされにも使用されます。



ただ、ティーツリーオイルは成分が非常に強いために肌に直接つける場合は充分注意が必要です。

ティーツリー 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク




『体臭撃退専門クリニック』
口臭、ワキガ、加齢臭、足の臭い、外陰部の臭いの対策を各専門医が完璧伝授!これ一冊で気になる臭いを完全撃退!(全額返金保証付き)(音声が出ます)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。