スポンサードリンク

飲むデオドラント

飲むデオドラントが人気です。飲むデオドラントというのは体の外側で消臭剤などによってデオドラントするのではなく、消臭効果のある成分を体内に摂りいれることで体の中からデオドラント効果を得ることを目的としたもので、その主な成分としてはクロロフィルがあります。


飲むデオドラントの主成分とされる、クロロフィルとは、植物に含まれる緑色の色素の葉緑素で、光合成を行うための太陽の光エネルギーを吸収し、植物の呼吸や成長などの代謝機能に欠かせない重要な栄養素です。ほうれん草や小松菜などの緑黄色野菜、スピルリナやワカメといった海藻類に多く含まれています。



飲むデオドラントの主成分として利用されるクロロフィルには天然成分そのものと人工的になんらかの加工をされたものがあります。天然のクロロフィルは、一旦植物から取り出すと光や空気中の酸素に侵され非常に変性し易い成分です。



飲むデオドラントに使用されることの多い、人工的に加工されたクロロフィルには、銅クロロフィリンナトリウム(CuクロロフィルNa)や鉄クロロフィリンナトリウム(FeクロロフィルNa)などがあります。これは、天然のクロロフィルを銅や鉄の化合物のクロロフィリンとすることで光や酸素に侵されにくい安定した物質のクロロフィリンとすることで比較的簡単に製造することが出来ることができ利用がひろまっています。



飲むデオドラントに使用されるクロロフィルの誘導体であるクロロフィリンの薬理作用は、細胞や組織に活力を与える賦活作用や、求心性治癒現象、細菌の繁殖を阻止する作用、脂質の酸化を抑える作用、脱臭作用が認められています。



例えば、クロロフィルは口臭抑制効果が高いとされていてガムなどにも使用されていますが、口臭原因物質として、揮発性硫化物である硫化水素(H2S)、メチルメルカプタン(CH3SH)、ジメチルサルファイド((CH3)2S)が知られています。それに対して、クロロフィルには蚤白分解過程におけるSH基との結合作用があり、メチルメルカプタン(CH3SH)や硫化水素(H2S)に対する物理的・化学的吸着反応による脱臭効果であると推定することが出来ます。

飲むデオドラント 最新一覧 By 楽天

クロロフィル 含有製品 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク




『体臭撃退専門クリニック』
口臭、ワキガ、加齢臭、足の臭い、外陰部の臭いの対策を各専門医が完璧伝授!これ一冊で気になる臭いを完全撃退!(全額返金保証付き)(音声が出ます)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。